トップ > よくある質問

悭鎿

フォークリフト全般

Q. フォークリフトに運転資格は必要ですか?
フォークリフトの運転には運転技能講習の受講や運転免許の取得が必要になります。
※構内作業においては運転技能講習を受けたことを証明する修了証が必要です。
※公道を走行する場合は、種類に応じて普通免許や大型特殊免許などが別途必要になります。

■最大荷重1t以上のフォークリフト
資格取得には、各都道府県の労働基準局に登録した教習機関で、運転技能講習を受講し、「運転技能講習修了証」の交付を受ける必要があります。

【講習内容】
 [1]学科講習(11時間)
 [2]実技講習(24時間)
 [3]修了試験
  ・筆記試験 ・実技試験

■最大荷重1t未満のフォークリフト
特別教育(学科・実技)を受講する必要があります。

【講習内容】
 [1]学科講習(6時間)
 [2]実技講習(6時間)

※運転技能講習・特別講習は18歳から受講可能。また、自動車免許(普通・大型・大特)などを取得している場合は、講習の一部を免除されることがあります。
Q. フォークリフトの公道走行について教えてほしい
フォークリフトやショベルは、車両寸法、最高速度によって「小型特殊自動車」「大型特殊自動車」に分類され、税金の種類や登録手続き、必要とする免許が異なります。

フォークリフトの公道走行に必要な免許

分 類小型特殊自動車大型特殊自動車 ※2
全 長4.7m以下12m以下
全 幅1.7m以下2.5m以下
全 高2.0m以下2.8m以下(H/Gの高さ)※13.8m以下
最高速度15km/h制限なし
総排気量制限なし
公道走行時の免許大型免許、普通免許、大型特殊免許、二輪免許、二種免許、小型特殊免許のいずれか大型特殊免許
公道走行時の免許(自賠)公道走する場合、自賠責保険必要自賠責保険、車検必要
公道走行しない場合自賠責保険は任意。


「小特」は公道走行しない場合でも緑のナンバー(課税標識)を市町村役場に申請し、軽自動車税を納付する必要があります。

フォークリフトは、道路運送車両法上、積載量が認められておりませんので一般の道路(公道)において使用する場合、荷を積載しての走行は出来ません。

(道路交通法上、所轄警察署長の道路使用許可を受けている場合を除く)公道ではけん引走行は不可。作業灯(前方・後方)を点灯したまま公道走行すると他の交通車両の妨害となるので不可。

走行するには、小型特殊、新小型特殊または大型特殊の要件を満たしていて、それぞれに必要な免許・資格を持っていることが必要です。

※1.H/G(ヘッドガード)とは、ヘッドガード、安全キャブ、安全フレームなど運転席の周囲に取り付けることにより転倒時等における運転者の安全性を向上させるための装置。

※2.「大型特殊自動車」において公道走行する場合、全長12m、全幅2.5m、全高3.8mを超える車両は、基準緩和が必要となります。
Q. フォークリフトの点検は必要ですか?
フォークリフトに義務付けられた3つの点検
自動車の場合、車検・定期点検・運行前点検が義務付けられていますが、フォークリフトにも同様に労働安全衛生法により、次の3つの点検が義務付けられています。
・特定自主検査(年次点検)
・定期自主検査(月次点検)
・始業点検

「特定自主検査」(年一回の定期自主検査)
○ 事業者は、1年を越えない期間ごとに1回、定期に法で定められた項目について「特定自主検査」をしなければなりません。(労働安全衛生規則第151条の21)
○「特定自主検査」は、資格を持った検査者、または労働省または都道府県の労働基準局に登録された検査業者でなければ実施できません。(労働安全衛法第45条)

「月次検査」(月一回の定期自主検査)
○事業者は、一ヵ月を越えない期間ごとに1回、定期に自主検査をしなければなりません。(労働安全衛生規則第151条の22)

定期検査後の処置
○もし、異常が見つかったら
異常が見つかった場合には、直ちに補修・調整・補充・交換など、必要な措置を講じなければなりません(労働安全衛生規則第151条の26)
○検査結果の保存
特定自主検査(年1回)及び月1回の定期自主検査を行ったときは、検査結果等必要事項を記載した記録表を、3年間保存しなければなりません。(労働安全衛生規則第151条の23)
○定期自主検査を実施しないと
検査を実施していない場合はもちろん、記録表を保存していない場合も、一車両につき50万以下の罰金に処せられます。(「特定自主検査」については、無資格者が行っても、実施したことになりません。)(労働安全衛生法第120条)
○始業点検(作業開始前)も法令で義務付けられています。
事業者は、その日の作業を開始する前に、点検をしなければなりません。(労働安全衛生規則第151条の25)
○「特定自主検査」を済ませたフォークリフトには、目立つところに検査済みステッカーを貼付しなければなりません。(労働安全衛生規則第151条の24)
Q. フォークリフトは何トン車までありますか?
フォークリフトの能力は最大荷重であらわします。
小さいものは0.5トン~大きいものはコンテナを運ぶフォークリフト45トンまであります。
一般的には1トン~3.5トンクラスが多く使用されています。

バッテリーフォークリフトについて知りたい。

Q. バッテリーフォークリフトとエンジン式フォークリフトはどう違いますか?
・バッテリー式フォークリフトは電池(バッテリー)が搭載されており、電池(バッテリー)でモーターを駆動して動きます。
 電池(バッテリー)を使い切ると充電が必要です。基本的に仕事をしていない夜の間に充電をします。
 特長としては、排気ガスが発生しないため、環境面から屋内での使用に適し物流センター・食品・医療などの業種で多く稼働しています。

・エンジン式(ガソリン・デイーゼル)は力が強く高稼働の現場・屋外などであらゆる業種で多く稼働しています。
Q. バッテリーの寿命は何年くらいですか?
バッテリーの寿命は通常、充・放電の回数(サイクル)でカウントされ約1200サイクルが寿命です。
ただし、1日当りの放電量が定格容量の75%とし、毎日の放電量がそれより多い場合は寿命が短くなります。
年数におきかえる場合はユーザーの年間稼働日数をサイクル数から割れば良いことになります。
(例)ユーザー稼働日数が300日/年の場合    1200サイクル÷300日/年=4年
Q. バッテリーを長持ちさせたい気をつけることは?
1番大事な事は、液枯れを防ぐ事です。
電解液が少ない事は硫酸濃度が高くなることで、極板を傷めることになります。さらに液減りが進行し、極板が空中に露出する事になると極板を劣化させ寿命に影響を及ぼします。
バッテリー液の点検は、1~2週間に1回くらいの頻度で継続的に液の量を点検する事が必要です。
特に夏場は、バッテリー液が蒸発しやすいので、早めの点検をする事が必要です。
液が不足の場合は、速やかに精製水を一定量まで補水する事が必要です。

よくある質問

営業カレンダー

営業時間 9:00~17:30
・・・弊社休日

※都合により変更させていただく場合がございます。ご了承ください。